« 福井から大阪へ | トップページ | ブログ一新します »

2013年2月 8日 (金)

おお、9か月ぶり

みなさんこんにちは。
なんと9か月ぶり。これでもブログというのでしょうか。

1月は英国セント・アイヴスに取材に出かけ、
ファーストクラスに乗ったり、最高級ホテルに泊まったり、
ちょっと贅沢してみました。

その前後にもいろいろ出かけてばかりで
いまや
すっからかんです。

お金が無くなったら働くというのが
ぼくの人生訓で、
とにかく無くなるまでは遊ぶことにしています。
危機的なこともあるけど、
なんでもドーンとこいって感じかな。

明日(2/9)からは釜石に出かける予定で、
とんでもない寒さになりそうなのに、
防寒具がない。
いつもながら困ったものです(←買えよ)。

戻ってからしばらくは原稿をまとめることになりそう。
そろそろ競馬の季節だし、G1にも備えないと。

2/23は新たに宮殿のようにゴージャスになった大阪中之島の朝日カルチャーセンターで
京都大学の先生で世界的建築家の竹山聖さんと
「祈りの空間」という対談をやります。
楽しいですよ。ぜひいらしてください。

その2日後(2/25)にも中之島で「運」についての講座があり、
さらに、その2日後(2/27)には
熊野に飛んで、熊野商工会議所主催の講演会に
出ることになっています(@熊野市文化交流センター)。
東京に戻るのは3月に入ってからになりそうです。

いつもながら忙しいのか忙しくないのか
わからない状況なんですが、
とにかく
ずっと留守にしているので引っ越しの荷物が片付きません。
必要な資料が200ファイルほど押入れに山積みになっていたり、
映像データは悲惨にもベッドの奥に積み上げられたままです。
だれか時給3万円で片づけてください(←うそ)。

これからブログは1週間おきに書きます!
(って、だれも読んでないって)


|

« 福井から大阪へ | トップページ | ブログ一新します »

コメント

読んでます。dogfuji

投稿: よし | 2013年2月11日 (月) 04時11分

おお、更新されている。(失礼。)
毎日確認していたのに、1番めのコメント
できませんでした・・・。(ざんねん)

植島先生、三重県での鼎談、よかったです。
どうもありがとうございました。
翌日は東京で熊野関係の講演会だったんですね。

次回は、競馬場にご一緒したいです。
本宮にもお越しくださいね。
森伊蔵を用意しておきます。

投稿: たかす | 2013年2月12日 (火) 11時55分

読んでますよ。え、一週間おき? 

投稿: しば | 2013年2月12日 (火) 14時16分

実は私も昨年11月に富田林市から市内へ復帰しました!

>1月は英国セント・アイヴスに取材に出かけ、
>ファーストクラスに乗ったり、最高級ホテルに泊まったり、
>ちょっと贅沢してみました。

「競馬の快楽」を読んだ時はペニシエラ・ホテルの隣に
宿泊した、安く済ませたと書いてあったので植島さんも
変わったと思いました。

>毎週ブログを書く
>
これは宇宙の歴史が終わるまでないでしょう(笑)
どちらかというと植島さんはブログよりもTwitter向きじゃないかと思います。

投稿: フジキセキ | 2013年2月12日 (火) 18時44分

追記)私は引越しの時200冊以上本を処分しました、書類も。
古い情報はかえって邪魔になる、以前正しいと思われていたことが時代の科学の進歩によって間違いとわかる。
だからどうしても古い本を処分しなければならなかった。

投稿: フジキセキ | 2013年2月12日 (火) 18時47分

訂正)200冊→2000冊

投稿: フジキセキ | 2013年2月12日 (火) 18時49分

お金が無くなるまで遊ぶ。その勇気がほしい!です。
徹底して遊ぶ!一歩でも近づきたいです!

投稿: masasi | 2013年2月14日 (木) 00時21分

初めまして、こんにちは^^
熊野古道を検索しててこちらにたどり着きました!?
今日で1週間経ちますね~。
更新されるかしら?
また来ますね♪

投稿: shino | 2013年2月15日 (金) 11時42分

馬込第3小で一緒に遊んだ同級生です。
全く違った人生ですね。
本も読んでいます。
ブログ楽しみにしています。

投稿: まいごの子いぬ | 2013年2月16日 (土) 14時11分

植島みたいな秀才が癌だと思う
投稿: | 2010年11月 8日 (月) 20時22分
このコメント、なるほど~と笑いました。確かに癌のような人かも・・。ちょっとやそっとでへこたれず、いつのまにか着実に陣地を広げ、しかも同じところだけに留まっていない!
でも、私が表現するなら「植島みたいな秀才は奇跡だと思う」です。
自分の「生」を限りなく全うしちゃっている奇跡!?素敵だと思います!

投稿: ai | 2013年2月16日 (土) 19時25分

みなさんコメントありがとう。

読んでいただいた方々になにか
プラスになるような情報をと思いましたが、
まったく思いつきません
(フェブラリーSの予想を書いたりしたら
逆に迷惑をかけそうだし)。

それはともかく。

昨日、六本木でマッサージ(というか治療というか)を
受けてきたのですが、
そのときに、「以前、ブエノスアイレスに
行かれた時のNHKの番組を見たことがあって」
「日本にもこんな人がいるんだとものすごく印象に残った」と
言われました。
そういえば、着いてすぐに、競馬場を探して一人で出かけたり、
マル・デル・プラタのカジノで
まだもらってもいないNHKの出演料の倍も賭けて負けたり、
めちゃくちゃな旅だったことを思い出しました。

それにしてもマッサージってほとんど受けたことがないのですが、
とても気持ちがよくてクセになりそう。

また週末からずっと旅が続きます。
ブログ一週間おきはやっぱりムリかも(>_<)

投稿: ueshima | 2013年2月17日 (日) 07時46分

あっ、いま思いつきました!

ユーチューブで
percussion T-back Jorge Peres
と入れて検索してみてください。

女の子のお尻が赤くなっていくのが
ちょっとエロティックでユーモラスな感じ
です。
(失礼しました)

投稿: ueshima | 2013年2月17日 (日) 08時05分

植島先生、こんにちは!

23日の朝カル、申込みました。

講座の後に、先生を囲む会はないのでしょうか?

もちろん、熊野市も行きます。

投稿: たかす | 2013年2月18日 (月) 16時36分

たかすさん

もちろん飲み会あります。というか、なかったことなど
ほとんど一度もないと言ったほうが
正確かもしれません。

ぜひ飲みましょう。

投稿: ueshima | 2013年2月19日 (火) 02時27分

今起きて久しぶりにブログを見たら
なんと今日中之島で講演なさるとのこと!

半年ぶりに
ベッドの中で
しかもまだ寝ぼけた状態で
なぜ植島啓司さんのブログを見てみようと思ったのかわかりません。

これが「偶然」というものでしょうか。
まだドキドキしています!

とにかく今からシャワー浴びて
講演会に行けるか段取りしてみます!
当日はもう無理かも知れませんが…

投稿: sally | 2013年2月23日 (土) 06時56分

植島先生、土曜日はありがとうございました。

楽しい講演と打ち上げでした。

それから、打ち上げのテーブル、

先生と離れていてよかったです。

空気を読まず、

「明日は当然、ナカヤマナイトですよね~。」

と言ってしまう恐れがありましたので(笑)。

それでは、熊野でお待ちしています。

投稿: たかす | 2013年2月24日 (日) 20時44分

こんばんは

先日のセミナー後に、先生にギャンブルの質問をした者です。
緊張のせいか、突拍子のないことを言ったと思います。
申し訳ありません。

それとですね。
映画「セクレタリアト」は、やはりダイアン・レインが出演しているようです。

競馬では今週よりクラシックトライアルが始まり、楽しみです。

次回のセミナーも楽しみにしております。

投稿: カスパロフ | 2013年2月26日 (火) 21時16分

熊野での公演と懇親会とても楽しかっです。
ご苦労様でした。
是非次回は大蛇峰・・・たかすさんもご一緒に!
マッサージ担当  

投稿: みぽりん | 2013年2月28日 (木) 17時40分

植島先生、こんにちは!

カルトラ、お疲れ様でした。

すごくいい雰囲気のツアーでしたね。

また、本宮にお越しください。

みぽりんさん、こんにちは!

私もご一緒していいんですか?

楽しみです!

投稿: たかす | 2013年3月26日 (火) 17時16分

こんばんは

先日のセミナー後の懇親会では、大変お世話になりました。
憧れの植島先生とお話できて感激しました。
ありがとうございました。

植島先生の「またギャンブルの話をしましょう」
は忘れていませんので、またお付き合いお願いします(笑)

投稿: カスパロフ | 2013年3月28日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027284/49268818

この記事へのトラックバック一覧です: おお、9か月ぶり:

« 福井から大阪へ | トップページ | ブログ一新します »